有限会社三扇商事
(福島わかば会)

福島県福島市

鎌田字月の輪43番地の3
TEL.024-535-5792
FAX.024-533-0857
──────────────

農作物販売

──────────────

 

 

福島わかば会

 

福島わかば会は

福島わかば会は
 

初代会長の故・佐藤圓治は、おいしくて安全な作物を消費者の皆様に届けたいと考えました。

この思いに賛同した生産者が集まってできたのが「福島わかば会」です。

 

地区と作物別に部会を設置し、定期的に集会を行い、生産者どうし積極的に情報交換をしています。

 

また、会では、独自の農薬基準を作成し、安全でおいしい野菜作りに努めています。

会員全員が特別栽培農産物の認証を受けた野菜を出荷しています。

 

特に土づくりにこだわり、生産者手作りの「ぼかし肥料」の使用を基本としています。

ぼかし肥料の原料は100%有機質です。

 

※施用肥料について:ぼかし肥料を使用
 『ぼかし肥料=醗酵菌+米糠+菜種粕+大豆粕+魚粕+骨粉+粘土鉱物=バランスの取れた肥料』
※病害虫防除について:天敵等と拡大バイエムの使用
 『拡大バイエム=酵素菌+黒砂糖で醗酵+米酢+焼酎=安全で安心』

 

福島わかば会概要

福島わかば会概要
  ■設立年月日 1977年1月8日
  ■福島わかば会
   幹部役員
会長   大野 寛市郎
副会長  水野谷 政男
  ■支部・支部長 県北支部 (3戸) 
  ⇒支部長 佐々木 寛之
二本松支部(5戸)
  ⇒支部長 斎藤  善治
郡山支部 (6戸)
  ⇒支部長 遠藤  フミ子
県南支部 (5戸)
  ⇒支部長 降矢  幸喜
  ■部会・部長 キュウリ部会
  ⇒部長  鈴木 正幸
トマト部会
  ⇒部長  小針 清志
ミニトマト部会
  ⇒部長  安田 和昭
  ■事務局 ㈲三扇商事
〒960−0102
福島県福島市鎌田字月の輪43番地3
  ■電話番号 024-535-5792
  ■FAX番号 024-533-0857
 

福島わかば会沿革

福島わかば会沿革
  ■1977年
  1月8日
福島わかば会設立
 (初代会長 佐藤圓治)
  ■2001年
  7月13日
特別栽培農産物認証取得
 (アファス認証センター)
【認証番号:AFASSEQ-CA-010701】
 
 

福島わかば会の考え方・基準

福島わかば会の考え方・基準
 
 

生産者紹介

生産者紹介
 
福島わかば会で活躍する生産者の皆さんです。
 
 
大野寛市郎
【会長】
大野寛市郎・仁美
(郡山市)
ニラ、ブロッコリーなど
 
水野谷政男
【副会長】
水野谷政男
(中島村)
トマト、水菜など
 
三浦富良
三浦富良
(伊達市)
きゅうり、なす
 
安田和昭
 
安田和昭
(福島市)
ミニトマト、きゅうり、葉物類など
 
佐々木寛之
佐々木寛之
(三扇商事自社農場長)
(福島市)
きゅうり、かぶれ菜、グリーンピースなど
 
佐藤春子
佐藤春子
(初代会長の妻)
(福島市)
エンサイ、モロヘイヤ
 
遊佐伝作
遊佐伝作
(二本松市)
四葉きゅうり、あさつき、ちぢみほうれん草などなど
 
斎藤常嘉
斎藤常嘉
(二本松市)
根三つ葉、長芋、長人参
 
斎藤昭栄
斎藤昭栄
(二本松市)
根三つ葉、きゅうり、長人参
 
斎藤善治
斎藤善治
(二本松市)
根三つ葉、人参
 
佐藤康則
佐藤康則
(二本松市)
モロヘイヤ
 
鈴木正幸
鈴木正幸
(郡山市)
きゅうり
 
本田玲子
本田玲子・正雄
(須賀川市)
きゅうり、小松菜
 
遠藤フミ子
遠藤フミ子
(郡山市)
きゅうり
 
芳賀とよみ

芳賀とよみ

(郡山市)

ミニトマト、絹さや

 
芳賀基子・龍一郎
芳賀基子・龍一郎
(郡山市)
ミニトマト、絹さや、ミニかぼちゃ
 
高林邦男
高林邦男
(玉川村)
トマト、きゅうり
 
小針清志
小針清志
(玉川村)
トマト
 
緑川洋一
緑川洋一
(中島村)
トマト、小松菜
 
降矢幸喜
降矢幸喜
(矢吹町)
トマト、春菊
 

ぼかし肥料と拡大バイエムの作り方

ぼかし肥料と拡大バイエムの作り方
 
<<有限会社三扇商事>> 〒960-0102 福島県福島市鎌田字月の輪43番地3 TEL:024-535-5792 FAX:024-533-0857